クロール頻度アップ!SNSとの連携メリット

クローラーに頻繁にきてもらおう

クローラーは世界中のWebサイトの情報を休みなく集め回っています。クローラーがサイトを見つけたサイト情報が検索エンジンのデーターベースに登録されると検索結果に表示されるようになります。しかしクローラーが1回サイトにきても一部の情報しか持ち帰ってくれないので、正確な情報が検索エンジンに反映されない可能性もあります。なので、正確な情報を持って帰ってもらい、検索エンジンに正確なサイト評価をしてもらうにはクローラーには頻繁に巡回してもらう必要があるのです。SEOの内部対策としてクローラーの巡回頻度を増やしてサイト内をくまなく巡回させる方法をホームページ上に反映させる必要があります。施策は様々あり、多ければ多いほど巡回頻度が上がるはずです。

検索結果上位を目指そう

検索の流入を上げたい、検索結果の上位に表示させたい。そのためには質の良いコンテンツを作ることは当たり前のこととしても、検索エンジンがそのコンテンツを認識してくれなければ意味がありません。 平均のクロール頻度がある程度増えるとロングテールキーワードからの検索流入数が急激に増え、クロール頻度が1日に約100回上になるとSEOで月間10万アクセス以上の規模であることがわかります。また、クロール頻度は1日に約200回になるとSEOで30万アクセス規模になります。クロール頻度があがると、検索エンジンのインデックスに表示されるスピードが早くなり、検索エンジンから有益なコンテンツがあると思われ始めている証拠です。しかし、検索流入とは直接関係はありません。2週間に1度クローラーの受け入れ頻度を見てみると傾向がわかるかもしれませんね。